使えなくなる消費者金融

新規貸付が停止される消費者金融

一昔前の消費者金融が全盛期だった頃に比べると、今は消費者金融のサービス自体が減っており、利用者も銀行のカードローンにだいぶ流れてしまっていると言えます。

 

その結果、昔は多くの貸付を行っていた一部の消費者金融では、廃業や新規貸付の停止など、様々な方向で事業の縮小がされています。

 

当時は丸井の「赤いカード」とともに低所得者にも積極的に貸付を行っていたゼロファーストもその一つで、グレーゾーン金利時代にあったゼロファーストの立ち上げ当初は、無職に近いような方にもどんどんとキャッシングの利用をさせていた過去があります。

 

収入も不安定でグレーゾーンの高い金利となれば当然ながら返済が出来なくなる方も多かったのですが、それでも利率は現在と比べて非常に高かったので、ゼロファーストは返済が出来る出来ないをそこまで重視せずに、当時はガンガン貸し付けていたとも言えます。

 

時は流れて現在はグレーゾーン金利も廃止され、貸付も年収の3分の1までに制限する総量規制も出来ました。結果、ゼロファーストも丸井の赤いカードを前進とするエポスカードに統合され、ゼロファーストの新規貸付も停止されています。

 

今後のゼロファーストは返済をしていくだけとなりますので、返済を進める上での注意点や賢い利用法などもゼロファースト即日融資でしっかりと確認をしておくと良いでしょう。